今日の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 税金のムダと「アニメの殿堂」「八ッ場ダム」は建設中止

<<   作成日時 : 2009/09/29 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

民主党主体の連立鳩山内閣が発足して1日経ちましたが、早くも大きな動きがありました。
17日、川端達夫文部科学相が記者会見において、漫画やアニメなどの収集や展示を行う
「国立メディア芸術総合センター(仮称)」を建設について、

(関係者の)言い分はしっかりと聞いた上で結論を出したいが、方向は見えている」と中止
する方針であることを表明しました。

鳩山内閣は無駄な予算、国費の切り詰めるに全力を尽くすと明言しているわけですが、その
一環として決断したようです。
川端文部科学相は続けて、次のように説明しました。

「(施設の)中身の詳細がほとんど決まっていないのに建設計画が突然出てきて、これは
おかしいと民主党は主張してきた」

「国立メディア芸術総合センター(仮称)」ですが、具体的な展示内容などがほぼ白紙で
あるにもかかわらず、整備費117億円が計上されていました。予定では、所管する文化庁
が本年度中の着工して、平成23年度中の開館を目指していたということです。

民主党はこれまでにも「税金によるアニメの殿堂」と批判してきたわけで、それを実行に
移したということですね。

一方トラブルになっている事例もあります。
17日、前原誠司国土交通相は群馬県の「八ッ場(やんば)ダム」の工事中止を明言した
ことに対し、事業参加している1都5県からは反発の声が上がりました。
「八ッ場ダム」は早くから無駄の長物としてやり玉に上げられてきたわけですが、そもそも
工事は半分以上が終わっており、ダムのために住居を移転した人々も大勢います。

群馬県の大澤正明知事はコメントを発表し、「地元住民の意見、関係市町村、共同事業者
の1都5県の意見を聞くことなく、建設を中止としたことは言語道断。速やかに抗議する」

千葉県の森田健作知事も会見において、「現地を視察して地元の意見を大事にすると言って

いるので、もう少し注視したい」と慎重な意見を述べています。

東京都の石原慎太郎知事は、「国が中止した場合、(東京都の)負担金返還を請求する」

との考えを明らかにしています。

性急な進め方で各方面からの反発が出ている鳩山内閣。波乱の船出となったようですね。



Yahoo!ニュースURL

関連ニュース1

関連ニュース2

関連ニュース3

関連ニュース4

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
税金のムダと「アニメの殿堂」「八ッ場ダム」は建設中止 今日の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる